【ワールドトリガー】SF推し活戦略系バトル!

タイトル
著者
出版社名
ISBN
既巻
刊行状況
ジャンル
おすすめ度
ひとこと!

ワールドトリガー
葦原大介
集英社
9784088708096
24巻(2021年12月3日発売)
連載中
ファンタジー×バトル
☆☆☆☆☆
全人類に見てほしい、点が線になる瞬間を!

もと店長
もと店長

少しずつひも解かれていくストーリーに夢中になりたくないですか???

ワールドトリガーの魅力を伝えていく!

こんな人におすすめ!

  • SFチックなバトル漫画が読みたい!
  • 推理小説が好き!
  • 戦略系のバトル漫画が好き!
  • 推し活がしたい!

この漫画の面白いところは、ランク戦と実践の二段構えなところです!

ランク戦では、相手や地形に合わせた戦術を駆使してバトルを繰り広げていきます。サバゲーやFPSのような感覚で見ていけます!

実践では、イレギュラーな戦いが続きます。ランク戦と違いハラハラする緊迫感の中で戦う姿がめちゃくちゃかっこいいし、そそられます!

ランク戦や実践でも、基本的に小隊ごとに動いていく感じになります。
この小隊もそれぞれ個性があって見ごたえがあります。推しが見つかること間違いなしです!

あらすじ

異次元からの侵略者「近界民」の脅威にさらされている三門市。そこに住む少し正義感の強い中学生・三雲修は、謎の転校生・空閑遊真と出会う。遊真の行動に振り回される修の運命は!? 最新型SFアクション始動!! (SMANGA集英社より)

広がりの見せ方が上手いです。

あらすじだけだと物語の深さがわかりませんが、読むと世界観の広さがわかるのがすごい!
メタ読みなんかが苦手な僕でも、言葉や行動を見て、漠然ともっと広い次元の話になっていくんだなというのがわかります!

それを想像すると続きを読むのが楽しみになってきてしまいます・・・

created by Rinker
¥460 (2024/04/25 03:17:24時点 楽天市場調べ-詳細)

些細な描写に意味があることに気づく楽しさがあって、読み返すほど面白くなっていく。本当にすごいマンガだと思う。(Amazomレビューより)

おすすめPoint!

  • 多種多様な戦術に見ていて飽きない!
  • ストーリーの深さに続きが楽しみになる!
  • バトル展開がアツい!!!
  • 全キャラクターに細かい背景がある

ひたすらにランク戦を推していきたい!!!

主人公の三雲くんがあんまり戦闘向きじゃなくて、トリオンと呼ばれるMPみたいなものがもともと低かったり、別に飛びぬけて身体能力が高いわけではなかったりと、バトル面においては凡人より多少劣るステータスなんです・・・

そこで、戦術を駆使して自分の穴を埋めつつ味方の強みを生かしてチームプレイを行っていくのですが

これが本当に面白い!

想定していた作戦がイレギュラーで変更を余儀なくされたりするんですが、この局面がまた面白くて見入ってしまいます。

ランク戦が進むたびに、新しい戦い方が見られるから楽しくて仕方がないです!

類似マンガ

  • 僕のヒーローアカデミア
  • ハイキュー‼

【僕のヒーローアカデミア】

練習と実践という構図とキャラクターへの親近感が似ています。

※後で書きます

created by Rinker
¥460 (2024/04/25 03:34:59時点 楽天市場調べ-詳細)

【ハイキュー‼】

バトル漫画ではないですが、チームというキャラごとの属性や愛せる感じが似てます。

※後で書きます

created by Rinker
¥460 (2024/04/25 03:34:59時点 楽天市場調べ-詳細)

ほかにこれも似てるよというのがある方は是非教えてください!

もと店長のひとりごと

なかなか面白い設定だなと思いました。
装備を装着していれば、緊急脱出することが可能で、切られても死なないところとか、武器の特性の作り方とかはなるほどな~と思いながら、読み進めています。
キャラクターもなかなか魅力的でよきです。
主人公率いる小隊だけではなくて、それぞれの小隊に個性があります。堅実な小隊もあれば、クレバーな小隊もあったり、小隊ごとの戦術も様々で見ていてほんとに楽しいです。
まだ、新巻まで読み進めていないので、必ずとも追いついて見せたいと思います。
この漫画は最終巻まで絶対に集めきります。
では、気になってくれた方は試し読みでもしていただければなと思います。

アンチコメントに反論していく

どんな作品でもアンチコメントは一定数あると思います。
そこで、アンチコメントに対して、いや、でもそこは○○だからといった感じで、勝手に反論していきます。

なんだかチートキャラ多いし似たキャラが多く、キャラの判別がつきにくい (Amazonより)

キャラの判別については確かにと思うことがありますね。(作品への愛が足りない!)
僕は、流れや状況、言葉遣いで判断できるならありだと思っています。そのあたりで、判断できるはずなのに判断できないのは、シンプルにキャラの理解不足な気がします。僕も含めてですが・・・

チートキャラが多いについては、そうかな?と思います。
ただ、始めの数巻を読んだだけではわかりにくいかもしれませんが、ボーダーの人たちより強い、ヒト型ネイバーが今後出てくることを考えるとこんなもんかなとは思います。

トリオン体ってあれ何?なんで実戦しないの?少年誌であるがゆえに、次々死んでいくのはマズイんだろうけど、それによって真剣味、緊迫感がゼロ。ベイルアウトした後は「あちゃー、また死んじゃたよ(笑)。」って感じでしょうか。(Amazonより)

これがね~難しい。僕も、緊急脱出(ベイルアウト)で死なないことの理論的な説明がないなと思っています。あったらごめんなさい。教えてくださると幸いです。
そんで、確かにランク戦以外でも「あ~落ちちゃったか」みたいな描写があります。
ただ、真剣味ゼロというのは少し違う気がします。あの装備を付けないと、実体が傷を負います。そのあたりが今後突かれるのかはわかりませんが。
あとは、もう社会的プレッシャーとかになるのかなと思います。
あと一つは、僕自身も他国に侵攻しヒト型ネイバーとの戦闘をするところまで読んでいないので、その辺でもしかしたら別の危険性があるのかなと思います。

これだけじゃ、後味がよくないのでいいコメントも載せておきます。

本当に面白いです ワールドトリガー読んでハマらなかったって人とはもう口ききたくないくらい (Amazonより)

これくらいの気迫で生きていきたい。

遅効性SFのキャッチコピーは伊達じゃない!その一言に尽きると思います。少しでも気になっている方にはぜひ、3~5巻くらいまでまとめて読んでほしいと思います。 (Amazonより)

created by Rinker
¥460 (2024/04/25 03:17:24時点 楽天市場調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました