【ぼくたちは勉強ができない】三者三葉の王道ラブコメ!

タイトル  ぼくたちは勉強ができない
著者    筒井大志
出版社名  集英社
ISBN    9784088811116
既巻    21巻(2021年3月4日発売)
刊行状況  完結
ジャンル  ラブコメ×学園
おすすめ度 ☆☆☆☆★
ひとこと! ザ・ジャンプのラブコメ!!!

もと店長
もと店長

王道のヒロイン3人体制!このローテーションに胸が高鳴る!!!

ぼくたちは勉強ができないの魅力を伝えていく!

こんな人におすすめ!

  • とりあえずラブコメが読みたい!
  • なかった青春を味わいたい・・・
  • とにかく可愛い子を見たい!

これこそが王道のジャンプラブコメ!!!って感じです。

それぞれへのキャラクターへのフォーカス具合もよくて、絵もどんどん可愛くなっていくから、素晴らしい。

とにかく!
どっきりハプニングでドキドキ恋愛シチュエーションを大いに期待している人たちには、ぜひともおすすめさせていただきます。

僕にはなかった青春を埋めていく。

あらすじ

大学推薦を狙う、高校3年生の唯我成幸はなぜか天才美少女の文乃と理珠の教育係を任される。完全無欠に見えた二人だが実は意外な悩みを抱えていて…!?(ジャンプ公式サイトより)

成幸が天才少女2人の勉強を手伝うことになるところから始まります。

天才には秀でているものがある一方で、抜けていることもあるわけで。
そこんとこのおバカな感じが可愛い・・・

天才なのにこれはできないんだ、のギャップがこの上なく愛で心をくすぐられます

あとは、絵がめちゃくちゃいい!
なんなら絵だけでもいい。表紙の絵とか巻が進むにつれどんどん可愛くなっていくし、最高です!!!

平和な学園ラブコメ(ハーレム)が大好きおじさんなので、すごく大好き。それ以外に言いようがない。
普通の立ち絵も可愛いのに、コメディチックなキャラデザも可愛いとか、
最高ですねぇ!(Amazonより)

おすすめPoint!

  • 三人寄れば文殊の知恵
  • それぞれの恋愛の仕方が良すぎる
  • すらすら読める!

三者三葉なところが魅力ですね。ラブコメでは当然かもしれませんが。

応援する立場として接している子、幼馴染で恋愛にはがつがついけない子、ぜんっぜん気づいてない子
みんな可愛いけど、気づいてないってインパクトでかすぎないか。

基本的にはラブコメなのでスラスラ読めます。重いところもあまりないので、気軽に読むにはおススメです。

類似マンガ

  • ゆらぎ荘の幽奈さん
  • ニセコイ
  • 五等分の花嫁

【ゆらぎ荘の幽奈さん】

同じくザ・ジャンプ漫画って感じです。

※後で書きます

【五等分の花嫁】

系統は違いますが、ザ・ラブコメ、ザ・青春って感じです。

【ニセコイ】

キャラ間の関係性は近い気がします。ぼくたちは勉強ができないと五等分の花嫁の間くらいの作品です。

※後で書きます

もと店長のひとりごと

勉強の合間に読むのにちょうどいいんですよね。気分が安らぎます。まだ途中巻までしか読んでないので、もしかしたら終盤はちょっと気合を入れて読む必要があるかもしれませんが。
ジャンプ系のザ・ラブコメといったら、僕の中ではニセコイとかです。というか子どものころ、あまり漫画読まなかったのでニセコイしかしらないんですよね。あといちご100%は名前はよく聞きますが読んだことないです。
その割にはジャンプといえばこんな感じのラブコメだよなっていうのが僕の中で浸透しているのは不思議です。イメージはラッキースケベ多めで、学園もので、2,3人ヒロインの子がいてみたいな感じです。
まあとりあえず、最後の巻まで読んでいこうかなと思います。では、この辺で。

アンチコメントに反論していく

アンチコメントに意見を少し言っていきますが、アンチコメントをやめろというわけではありません。
多様性大事。とはいえ、そこまで言うことなくない?とは思っています。
みなさんもそういう意見もあるのかくらいに見てくれると助かります。
Amazonのレビューから拾っていきます。

各ヒロインの個別ルート(エンディング)やるらしい。
歓迎する人もいるだろうが、私はしらけた。
「最後だけくっつくヒロイン変えますよ」やられても今までの物語が茶番になるだけだろう。

噂には聞いていましたが、やっぱりそれぞれのルートやる感じなんですね。
この分岐ルートが許せない派の意見が多かったです。

それをしていいのはゲームだけだろみたいな人もいてました。
ゲームはよくて、漫画は何故ダメなのか。

僕は常々、漫画もゲームみたいに分岐させたら面白いのになと思っていました。そんで、巻数を10a、10b巻みたいに分岐させていって(10a-a、10a-bとか永遠にやってほしい)、アホみたいに巨大なプロジェクトを誰かやってくれないかなと思っていました。

だから僕は全然ありです。

まあ、一つの物語としての一つ限りの結末を見たいというのはわかります。

五等分の花嫁読んでなかったら、面白かったんだろう!
内容がそっくりなのに、ストーリーもキャラもどっちも向こうのが良かった。嫌でも比べてしまって、半分も読めなかった。

優劣をつけるのはよくないですが(そもそも土俵が違うこともあるので)、こういうことがある気持ちはわかります。
読む順番とか、タイミングとか意外と重要なんですよね。

少しずれますが、最近中学生向けくらいのコテコテの少女漫画に胸やけしてしまいました。5年前くらいに読んでいれば、もっと楽しく読めていたはずなのに・・・

自分の年齢を感じたとともに、楽しめたはずの作品が楽しめなかったのは残念でした。

タイミングによってはハマらないこともあるのは正直しょうがない気がします。
絶対にどんな漫画も楽しめるよという人は、大事にしていただければと思います。

そして、今回もグッドコメントを見ていきましょう。
みんな熱がすごくて、文章が長いから、選ぶのに一苦労です。

二番煎じとか後釜とかパクリとかレビューあって、タイトルの2作品含む3作品全部1巻見たけどパクリだとしたらどんだけの作品がパクリになってるんだろ?と思う。
個人的にはこの作品が一番好きです。
全体のバランスが良くて、なんたって主人公に好感が持てます。ラッキースケベ展開苦手だけどアクがなくて全然読める。

バランスのとり方が確かに上手ですよね。

ルートが変わったエンドが楽しめるみたいですが、新しくていいと思いました!
大体こういうのって同人誌で一般読者が各々の妄想エンドルート描くパターン多いので作者さん自ら出すのは凄く楽しみ。

作者公認の別ルートエンドが見れるって考え方は素晴らしい!
これです。この考え方です!

ということで今回はこの辺で終わりたいと思います。
もしよろしければこちらもどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました